建学の精神

 
○建学の精神
「教育の原点は家庭である」ことに基づいた、家庭教育、学校教育、社会教育の融合を図り、もって生涯学習社会を実現すると同時に、すべての人が高等教育の機会を得られることに貢献する。

○建学の精神解説
平成12年12月22日、内閣総理大臣の諮問機関である教育改革国民会議の報告「教育を変える17の提案」の最初に「教育の原点は家庭であることを自覚する」と謳われています。しかし、家庭における教育の重要性を認めながら、家庭でいかに教育を行うかについては、今まで研究されることがありませんでした。本学は、家庭においてどのような教育が営まれるべきかを研究し、その成果をすべての家庭に教授することを使命とします。

学ぶことは人の本能であり、生涯に亘る営みです。学ぶことはいつでもどこでも誰にでも保障されている人間の基本的な権利です。これが生涯学習の考え方です。この学びは家庭を基本としつつ、学校、社会との連携で行われます。社会とは地域や職場を含む生活の場を指します。人はこのいずれかで学ぶのではなく、必要に応じてそれぞれの場で学びます。これらの高度な連携なくして、真の学びは実現できません。この家庭教育、学校教育、社会教育の融合が生涯学習社会を実現させます。その生涯学習社会においては、初等・中等教育だけでなく、高等教育の機会もすべての人に平等に与えられなければなりません。本学はこの真の生涯学習社会実現のために開学します。

○教育の理念
人間性豊かなeラーニングを推進することにより、個人や社会の学習の課題を発見・解決し、新たな道を拓くことのできる資質・能力を養い、高める。


【解説】
本学は、我が国初のインターネット・ライブ配信による大学であり、我が国初の生涯学習学部からなる大学である。これは、それらの特色を生かして優れた教育を行い、社会に貢献するための、教育の根本となる考え方である。
ここにいう「人間性豊かな」とは、ヒューマンeラーニングを発展させることにより、教員・学生間の人間的交流で生み出される人間性の豊かさのことである。
「eラーニング」は本学の特色であり、eラーニングによって知識・技術を習得し、資質・能力を養うが、その中には、社会人としての基礎力を養うことも含まれる。
「個人や社会」という場合の「個人」には乳幼児から高齢者までのすべてが含まれ、「社会」には企業、地域社会も含まれる。
「学習の課題」には、学習をする側の課題だけではなく、学習を支援する側の課題も含まれる。学習を支援する側には、家庭教育・企業教育・社会教育だけではなく、その他の幅広い生涯学習支援も含まれる。
「発見・解決」はその後の資質・能力へつながるので、問題発見・解決能力のことである。
「新たな道を拓く」もその後の資質・能力へつながるので、創造力のことである。
生涯学習は、これからますます流動化する社会を生き抜くためのパスポートになるといわれている。そのため、人々が必要とする学習は多様になり、キャリア・アップのための生涯学習支援、家庭教育、企業教育、社会教育は、それらに対応すべく、つねに新たな道を拓いていかなければならない。そのような新たな道を拓く資質・能力は、具体的には創造力である。
最後の「資質・能力」は、以上のすべてを受けており、したがって、「資質」は前出の人間性、「能力」は社会人としての基礎力、問題発見・解決能力、創造力などのことである。


↑TOP OF THIS PAGE