理事長の開学日記

 
少子化が進み、大学が飽和しつつあるこの時代に、なぜ八洲学園大学は開学するのか――?
通信制高校を経営していた本学理事長・和田公人がさまざまな出来事から本学開学を決意し、認可を得るまでの道のりを日記形式でお伝えします。

理事長のブログで、続・開学日記がスタートしました。

プロフィール
和田 公人 WADA Hirohito
1960年3月1日生まれ 魚座のB型
奈良県天理市出身、立命館大学経営学部卒業、神奈川県藤沢市在住



Vol.1 平成11年9月 保護者との出会いから始まった

Vol.2 平成12年3月 教育改革国民会議

Vol.3 平成13年9月 子どもの受験

Vol.4 平成14年1月 学長

Vol.5 平成14年8月 官の壁とキャンパス探し

Vol.6 平成14年8月 世界初のeラーニングを目指して

Vol.7 平成14年8月 認可までの遠い道のり

Vol.8 平成15年9月 そして、認可


■開学記念式典のレポートはこちら
■第一期生(2004年春期生)入学式のレポートはこちら
■理事長和田公人が求めるeラーニングについて執筆した書籍が発行されました。
 この開学日記も収録されています。 「失敗から学ぶeラーニング」(オーム社刊)


↑TOP OF THIS PAGE