通信制大学 八洲学園大学は家庭で学べる大学

 
「eラーニングだけで卒業」を初めて実現。学ぶ時間、学ぶ場所は自由であるべき、と考えます。
インターネットによるメディアスクーリングを利用すれば、キャンパスに一度も登校することなく、授業を受ける、単位を取得することもできます。
八洲学園大学だからできる3つの特長
1.いつでもどこでも学べて「インターネットだけで卒業」できる
2.「家計に負担をかけない授業料」で無理なく学べる
3.「学士取得」「各種資格取得」ができる、正規の大学

履修方法一覧
八洲学園大学における講義履修方法は、「通信授業(テキスト履修)」と「面接授業(スクーリング履修)」の2通りに大きく分けることができます。

チャート

通信授業(テキスト履修)」はさらに、インターネットで出題される課題(択一式または記述式)で合格点を取得し、最後に科目修得試験を受験する「課題方式」とメール等を通じて教員の指導を受けながら論文を作成・提出する「論文方式」に分けられます。
いずれも教員や他の学生とのコミュニケーションはインターネットを用いて行い、履修生はテキストをもとに自宅で学習を重ねていく履修スタイルとなります。
面接授業(スクーリング履修)」は本大学で教員から直接講義を受ける授業です。通常、週末、春・夏・冬期と各自のスケジュールや学問的興味に沿って多角的に選択できるよう、多様な日程を用意しています。また、遠隔地に暮らす、育児から手が離せないなど、本学への参加が困難な方を対象に、これらのスクーリングはすべてインターネットを通じて自宅で受講することもできます。これを「メディアスクーリング」といいます。
また、「テキスト履修」と「スクーリング履修」のいずれかを学生が選択できる、あるいは双方を組み合わせた併用授業もあります。




本学の特徴-1〜自宅がキャンパス
自宅で学習を重ねていくにも、同じ志をもった仲間がいれば心強いもの。通信制大学ではなかなか学友の顔が見えづらいものですが、本学ではインターネット上にキャンパスをオープン。ネットを通じて、通学制の大学と変わらない活気あふれるキャンパス生活を提供します。
「図書館」はもちろん、「カウンセリングルーム」、「サークル」、「コミュニティサイト」、「支援センター」、「購買部」など、有意義なキャンパスライフを送るのにふさわしい環境が揃っています。 もちろん、文化祭や講演会などのイベントも満載。本学からあなたのご自宅に大学のキャンパスをお届けします。


本学の特徴-2〜サポート体制の充実
前向きな学習意欲が仕事や家事の都合でくじけそうになったとき、学生と学生、学生と担当教員の間で互いに助け合って学習意欲を維持していくために、本大学ではクラス担任(サポーター)制度をとっています。
担当サポーターと呼ばれるクラス担任が、学生間、学生・教員間の橋渡し的な役割を担い、きめ細かな対応で学生の皆様のニーズに応えてまいります。
生涯学習を学び、社会に貢献しうる人材を育成するために、「テキスト履修」「スクーリング履修」の両面から学習を支援するばかりではなく、その後方においても学生支援を施す複合的なサポートが八洲学園大学の特徴です。
サポート体制の詳細についてはこちらもごらんください。


各種規程のページへ 認可申請書のページへ


↑TOP OF THIS PAGE