八洲学園大学 学長ご挨拶

 
学長写真 八洲学園大学 学長 山本 恒夫

Profile:生年:1937(昭和12年)年5月5日
出身:東京教育大学(現筑波大学)教育学部、同大学院教育学研究科博士課程
学位・称号:教育学博士、筑波大学名誉教授
専門:生涯学習学
職歴:筑波大学教授、大学評価・学位授与機構教授などを経て、平成16年(開学時)より八洲学園大学教授
学会活動:日本生涯教育学会会長を経て、現在同常任顧問
社会的活動:国の生涯学習審議会委員(社会教育分科審議会会長)、中央教育審議会委員(生涯学習分科会会長)などを歴任
著書:『21世紀生涯学習への招待』など多数
特色:我が国の教育-学習システム・ネットワーク理論を構築し、先導的実践をリードしてきた生涯学習研究の第1人者


本学は平成16年に開学してから4年経ち、平成20年3月に第1回の卒業生を送り出しました。いよいよ発展期を迎えます。
これからの八洲学園大学は、各地に移動プラットホームを置き、授業後の情報交換会やプラットホーム交流会を開くなど、人間味あふれる新たなヒューマンeラーニングの道を拓いていきたいと思います。
本学は、我が国で唯一の生涯学習学部から成り立っています。生涯学習は、21世紀のますます流動化する社会を生き抜くためのパスポートになると言われています。これからは、人々の生涯学習を支援する専門家や、幅広い生涯学習支援の素養を持つ人が必要ですので、優れた人材を養成して社会に送り出し、教員の研究・社会貢献と合わせて、生涯学習社会を根底から支える大学にしていきたいと思います。
本学に入ってくる人も、
・大学で学問をしたいという夢を実現しようとする人、
・家庭教育・社会人の基礎力・コミュニケーション力・地球環境・地域づくりなど、特定のテーマを追究しようとする人、
・国家資格(司書・学芸員・社会教育主事)・豊富な科目修得認証を取得しようとする人、
など、さまざまです。
われわれは、そういう人達がそれぞれの問題や課題を探究したり、解明したりすることができるように、学問・研究の論理と普遍性を大切にし、全体として均整のとれた大学らしさを創造していきたいと思います。



■山本恒夫学長のブログ「山本恒夫の研究室便り」はこちら