イベントレポート在学生アンケート

在校生アンケート調査に回答した
約9割が社会人。約8割の回答者が
「入学してよかった」
と実感している大学があります。回答者の約6割が
「ものの見方や考え方が変わった」
と答えています。

八洲学園大学は、2004年4月に日本で初のインターネットのみでも卒業が可能な大学として誕生し、現在までに約1800人の学生が学んでいます。
今年は、開学より4年目を数える年度となりましたので、入学者の実情を把握し、日本初インターネット大学の認知度の向上を図ることを目的に調査を実施しました。

【調査の概要】
アンケート名称: 八洲学園大学在学生調査2007
実施期間: 2007年5月24日〜6月3日
実施主体: 八洲学園大学 学生支援センター
調査対象: 開学以来の入学者
調査方法: インターネット調査
(八洲学園大学のライブ配信授業システムの アンケート機能を使用)
サンプル抽出法と調査相手数: 全数調査 1821人
※サイトで公表されている現在数(終了者等が入っていないもの) は1742人。
16年入学  314人(約18%)
17年入学  417人(約24%)
18年入学  583人(約34%)
19年春入学 428人(約25%)
※科目等履修生の中には終了者もいますので、ホームページで公開しているリアルタイムの在学生数とは異なります。
回収率: 配布数/1821 回収数/716
有効回収数/716 有効回収率/39.3%
設問

※それぞれの設問をクリックすると結果のページへジャンプします。

<入学に関すること>


<入学後に関すること>
<回答者属性>

アンケート結果はこちら >


↑TOP OF THIS PAGE